たるんだお腹からオサラバできるダイエット知識〜スッキリボディ〜

ダイエット

体脂肪を減らす運動

お腹

ダイエットの基本は、運動をして消費カロリーを増やすことです。食事制限だけをするダイエットをしている人も多いですが、運動をして基礎代謝を増やした方が、太りにくく痩せやすい体になります。ダイエットを目的とした運動は、有酸素運動が効果的です。自転車、プール、ランニングなど有酸素運動です。運動をする気が起きないという場合は、ジムに通ってみると良いです。ジムなら、自分だけじゃなく多くの人が運動しているので、皆でダイエットを頑張っているという意識を持つことができます。最近では24時間営業しているジムもあるので、好きな時に好きなだけ利用することができます。週2日〜3日ジムでトレーニングをするだけでも、効果的に痩せることができます。アクセスの問題や、時間の問題でジムに通えないという人は、自力でダイエットをする必要があります。いきなり激しい運動を始めるのは難しいですし、継続できなくなるので、まずは歩くことから始めて見ると良いです。ただ歩くだけでも、消費カロリーを増やすことができます。ドローインという簡単にできるエクササイズも、ダイエット初心者は始めやすいです。

ドローインとは、お腹をひっこめる、という簡単なエクササイズ方法です。ドローインは道具を使わずにできますし、場所も選ばないので好きな時に行えます。ドローインは、立った状態で行うこともできますし、仰向けで行うこともできます。やり方は、背筋をしっかり伸ばして大きく息を吸い込んだら、お腹を意識的に膨らませます。そして、息を止めてお尻に力を入れたら、息をゆっくり吐きながら、お腹をへこませていきます。お腹をへこませた状態を、約30秒間維持します。これを1日5回〜10回ほど行うだけで、インナーマッスルを鍛えることができます。正しいやり方でドローインをやらないと、ダイエット効果は得られないので注意が必要です。なぜドローインがダイエットに効果的なのかというと、インナーマッスルを鍛えて基礎代謝が上がるからです。脂肪を燃焼しやすい体にして、痩せやすくなります。

ダイエットのために運動をしたとしても、何も考えずに大量に食事をしていては意味がありません。上手なカロリーコントロールする必要があります。食事を食べない、という選択ではなく、低カロリー、低糖質を心がけるだけでも、摂取カロリーを抑えることができます。