たるんだお腹からオサラバできるダイエット知識〜スッキリボディ〜

ダイエット

コーヒーを痩身に活用

コーヒー

コーヒーが好きな人は、コーヒーダイエットを行ってみると良いでしょう。コーヒーにダイエット効果があるのは、カフェインによる効果です。カフェインを含んでいる飲み物はたくさんありますが、紅茶や緑茶よりもコーヒーは、とても多くカフェインを含んでいます。ダイエットをする時は、口にする食品のカロリーを考えておいた方が良いです。コーヒーのカロリーは100グラムで4キロカロリー程度です。とても低カロリーですが、ミルクや砂糖を入れれば20キロカロリー〜40キロカロリーとやはりた高くなります。コーヒーの味を楽しむ目的なら、ミルクや砂糖を入れるのも良いですが、ダイエットを目的にコーヒーを飲むならカロリーが低いブラックで飲んだ方が良いです。コーヒーをダイエットに取り入れるなら、運動をする前に飲むと良いです。カフェインは脂肪を分解して、血液中に脂肪を出す効果があります。そのため、運動をすることで血液中の脂肪を燃焼していくことができます。また、アイスコーヒーよりもホットコーヒーの方が、脂肪分解の効果が高いです。

走るのが苦手、歩くのが苦手、という人は自転車ダイエットをすると良いです。自転車ダイエットとは、名前の通り自転車を活用したダイエット方法です。自転車に乗るだけでダイエットになります。自転車に1時間乗った場合、約200キロカロリーを消費することができます。1時間のウォーキングをした消費カロリーは約130キロカロリーですから、歩くよりも消費するカロリーは多いです。自転車ダイエットをするメリットは、景色が変わるから飽きないということです。ジムでのトレーニングは、ずっと景色が変わらないので飽きてしまうこともあります。自転車なら、歩くよりもスピードが速いので、遠くまで行くことも可能です。スピードが早過ぎると無酸素運動になってしまうので、適度に呼吸ができる程度の早さがベストです。自転車ダイエットのような有酸素運動は、毎日続けることが大切です。短期間で効果が無いと嘆く人は多いですが、最定でも1ヶ月は継続した方が良いです。短時間でも、毎日続けることが体に良い効果をもたらしてくれます。